本日、東急元住吉検車区高架下に長らく留置されていた元住吉駅構内追突事故当該車両である5050系5155Fが外に現れたと言う目撃があったので見てきました。

現地で見た感じだと...
(⇦横浜 渋谷⇨)
5655-5755-5855-5555  5455-5355-5255-5155
損傷が大きかった4両が横浜寄りに、無事だったと見られる4両が渋谷寄りに、5555と5455を境に切り離されて留置されていました。
横浜側に留置されている損傷が大きかった4両は近々に搬出されるかと思われます。

ブルーシートが全体に被せられているは5755-5855と見られる。
(日本経済新聞web刊 2014.2.15の記事の画像より引用)
これがこの2連の事故当時の画像。5155Fの中で特に損傷が大きかったのはこの5755-5855でした。この光景を覚えている人は多いと思います。

一番見やすい位置にいた5655。旧タイプの優先席ステッカーが目立ちます...

奥の4連は5455-5355-5255-5155。編成中で比較的被害が少なかった車両です。これら4両は果たして解体されるのか、転用されるのか気になります...

横に留置されていたS-TRAIN運用を待つ西武40000系40101F。横に5655の車番が見えます。そのうち貴重になりますね...

これで以上となります。事故の被災車両でもある横浜高速鉄道Y516Fは8連揃って総合車両製作所横浜にて今もなお入場中です。こちらの編成はどういった形で復帰するのか今後の動向に注目です。

※7/29追記分
外に出された5155Fですが、7/4~7,7/11~12,7/26~27の深夜に一部を除いて千葉県の解体業者へ陸送されました。

搬出された順番としては...
7/4→5655・・・千葉県某所へ
7/5→5755・・・行先不明
7/6→5855・・・行先不明
7/7→5555・・・千葉県某所へ
7/11→5455・・・千葉県某所へ
7/12→5355・・・千葉県某所へ
7/26→5255・・・千葉県某所へ
7/27→5155・・・千葉県某所へ
...と元住吉に留置されていた順番で搬出されました。ブルーシートやネットが被されていた5755-5855に関しては搬出当日の千葉県の解体場の目撃に姿が有りませんでしたので、他の場所へ搬出されたかと思われます。もしかしたら保存って言う可能性もなきにしもあらずですね...

このうち、5000系列唯一のゾロ目車であるデハ5555と被害がほぼ無かった先頭車クハ5155の陸送を撮影したのでその模様を。

中原街道・環八通り 田園調布警察前交差点にて撮影。

ドア/中吊り広告もつり革も床下機器も内装もほぼそのまんまの状態で搬出されていました。たった13年しか走行していませんですが、こればかりは廃車しか選択肢は無いので仕方がないですよね...代替新造した方がコストが良いですからね。

鉄道コムに参加しています。クリックよろしくお願いします↓ 
鉄道コム